「鹿児島-南さつま市の整体」のことなら完全無痛整体のおおつ自然療法舎へどうぞ

腰痛

腰のせいだけではない腰痛の原因

画像の説明

腰痛には、ぎっくり腰のように突然おこる急性腰痛症から、繰り返し起きるしつこい慢性腰痛症まであります。
中には、腰のせいではなく、内臓の疾患のせいで腰に痛みが出るケースもあり、その原因、程度、頻度も様々です。

最近ではそれだけではなく、心理的 な影響、社会的な影響も腰痛の原因に関わっているのではないかという見方も多くなってきました。
腰にも内臓にも検査で異常がみられなくても、精神的ストレ スだけで腰痛が起こるケースもあります。

姿勢が原因の腰痛

長時間のデスクワークで腰痛に悩む人は、とても多いです。
体を酷使する肉体労働でも、長時間座り続けるデスクワークでも、腰痛になることがあります。
体にとって良くない姿勢を長時間続けてしまうと、腰痛にもなりかねません。

運動不足が原因の腰痛?

腰を酷使しなくても腰痛にはなります。
腰痛の人は、腰を支えるための複数の筋肉が、緊張して硬くなっていることが多いようです。
軽症のうちであれば、腰周りの筋肉を柔らかくするような、簡単なストレッチや運動で、ご自身で緩和させることも可能です。
しかし、筋肉の硬くなり始めを放置しておくと、ちょっとストレッチをしたくらいでは、腰痛が楽になることを実感しにくくなります。

精神的な緊張が原因の腰痛

頭の中であれこれ考えるといった、精神的な負担を余儀なくされながら、荷物を抱える作業などを行っている時、腰背部の筋肉へかかる負担は、精神的負担がない時よりも、かなり増加すると言われています。
また、腰痛の痛みに耐えたり、腰の心配をして不安になったるすることで、余計にストレスが増してしまい、腰痛が慢性化してしまうこともあります。
中には、うつ病と関連しているケースもあります。

腰痛のきっかけはコレが多い!

皆様から「腰痛になる時は、だいたいいつもコレがきっかけなんですよ。」という話をよく伺うのですが、その多いものを挙げてみます。
この時、腰部の筋肉は過剰な緊張を強いられている可能性があります。

  • 長い時間パソコンをしている時
  • 会議でじっと座っている時
  • 出張で新幹線や高速バスに座り続けている時
  • たまにしか履かないハイヒールで歩いた後
  • ストレスがたまってイライラが続いた時
  • マラソンやサッカーなど、運動をした後
  • 寒い場所にじっとしていた日を境に
  • 重い荷物を持ち上げた瞬間
  • 体重が急激に増えてから
  • 布団や枕を変えてから
  • たくさん寝過ぎてしまったと感じた朝

腰痛の起こるメカニズム

画像の説明背骨は積み木のように積み重なっている「椎骨」という24個の骨と、骨と骨の間でクッション材の役割をする「椎間板」から成り立っています。
腰痛を起こす時には、これらの構造を支える靭帯や筋肉、それを機能させる神経なども関わります。
何かの原因によって、椎間板が飛び出してヘルニアになったり、脊柱管狭窄症のような神経を刺激する状態になると、腰痛や下肢痛、しびれなどを生じます。
また、日常多くみられる腰痛のように、筋肉の疲労により、腰を支える筋肉の力が低下すると、血液循環も悪くなり、痛みを出す物質が産生され、筋肉の緊張も強まります。
すると腰部の不快感や痛みが繰り返し起きるようになってしまうのです。



▼スマホでの予約は電話番号をタップ

0993-58- 4084

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional