「鹿児島-南さつま市の整体」のことなら完全無痛整体のおおつ自然療法舎へどうぞ

肩こり

肩こり-01

女性の自覚症状第1位は「肩こり

女性は、男性よりも首の筋力が少なかったり、ホルモンのアンバランスなどにより肩こりをおこしやすいといわれています。
肩こり」は、日本人にとても多い症状です。首、肩周りの不快感や頭重感、ひどくなれば、頭痛や腕へのしびれ、腕の動かしづらさ、集中力の低下、気分がすぐれないなど、さまざまな症状を伴うことにもなりかねません。過去の平成13年国民生活基礎調査では、女性の場合、自覚のある症状第1位は「肩こり」。男性でも第3位にあげられています。「肩こり」を訴える人は、年々増え、低年齢化も進んでいるといわれています。

肩こり」とは何でしょう?

「肩 こり」は、主に首を支えている筋肉に出る症状です。「コリ」は筋肉への血行が悪くなることで、酸素や栄養が不足し、老廃物が蓄積されることでおこります。 次の表のような自覚症状が現れる場合もありますが、他人から首・肩周りの筋肉を押されて、はじめて「あれ? 痛いかも…」と気付く場合もあります。

肩こりの症状

  • 頭の付け根や首の付け根が重い・痛い
  • 頭・首の後ろ側が張ったような感じがする
  • 頭・首の後ろ側から肩にかけて筋肉が硬く、不快である
  • 首から肩にかけての不快感のあと、特に後頭部が痛くなる
  • 首や腕を回したり、体操したりせずにはいられない
  • 体を動かすと症状が楽になる
  • 頭を左右に傾けたり、振り向いたりする動作がつらい
  • お風呂に入り体が温まると楽になる
  • 腕の動きがスムーズではない

上記にあてはまるものがあった場合、首から肩に関連する筋肉が硬くなっていたり、「肩こり」から一歩進んだ症状へ発展する可能性があるかもしれません。
※上記以外にも特定の症状があり、重篤な病気が発見されることもあります。

肩こりの原因は?

肩こり-02頬杖をつくなど、何気ないクセの積み重ねで姿勢が崩れ、肩こりを起こしやすい状態へ近づいていきます。
ほとんどの「肩こり」は、日常生活での習慣や、仕事、環境、性格などからの影響と考えられます。しかし、肩こりの他にめまい・耳鳴り・胸部痛・背部痛・動悸などがみられる場合、胃の病気や循環器の病気などが潜んでいる場合もあります。1.習慣や仕事が原因の肩こり頭 蓋骨と骨盤をつないでいるのは、S字カーブを呈した背骨です。この背骨には、首の骨も含まれています。背骨がS字カーブであるために、各関節への負担が減 り、背骨を支える筋肉も正常に働くことができます。しかし、日常の習慣や仕事の中に、背骨のカーブを悪くさせ、筋肉を疲労させるものがあります。

肩こりになりやすい習慣

  • 長時間のデスクワーク
  • 足を組むことが多い。組まずにはいられない
  • 頬杖をつくことが多い
  • 荷物が重く、片側に持つか、肩にかける習慣がある
  • 寝転がってテレビを見る、読書をする
  • 下を向いている時間が多い

.環境や性格が原因の肩こり

また、職場での異動や転職で環境が変わると、慣れるまでは緊張感が常にあり、筋肉が緊張して硬くなりやすい状態にあります。また、家庭での悩みや、日頃からストレスをためやすい人についても、同じことがいえます。以下に環境や性格が原因の肩こりについて挙げてみました。

  • 最近、職場環境が変わった。
  • 人間関係でストレスがたまる
  • ゆったりくつろげる時間がない
  • 残業も多く、休日も仕事が入ることがある
  • 気になることがあると、考え込んでしまう


    ▼スマホでの予約は電話番号をタップ
0993-58- 4084

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional