以前から当院をご利用いただいていた患者さんが、お嫁さんを連れていらっしゃった。妊娠9ヶ月なのだが、逆子で病院からは帝王切開しかないと言われているが何とかならないかとのご相談。

オーリング+すると「治せる」と出るので、横向きに寝てもらい仙椎の修正を行い、その後仰向けでお腹に気功法をかけて行く。お腹に触れているとグググ~と赤ちゃんの動く気配を感じる。
術後、産婦人科の検査結果を電話いただくよう約束して終了。

翌々日、電話で逆子が治ってましたと喜びの報告を頂き、私もホッとする。

約1週間後、お母さんが来院され「嫁は逆子も治り、出産準備の為市内の病院に入院したが今度は早産しそうだ」との事。さっそくお母さんの体を使い遠隔施術を試みる。まず、お嫁さんに携帯で、「これから遠隔で施術しますから横にでもなって楽にしていてください」と伝える。
お母さんに寝てもらい仙椎修正と気功法で施術。
術後お嫁さんの携帯に電話すると、「赤ちゃんが上がってくるのが分かりました」と言われる。
その後の病院の検査で早産の心配無しと結果が出て、無事に出産。担当の医師は「何したの」とさかんに不思議がったそうで、お嫁さんは婦長さんにだけ、こっそり教えたそうです。
(35歳女性)